ありがとう
競馬ネタ続きますがご了承ください。

95年、サンデーサイレンス産駒として初の日本ダービー優勝馬となったタヤスツヨシ(牡16)が、29日早朝、けい養先の北海道・ブリーダーズスタリオンステーションで馬房から出た際に暴れて転倒。右後肢の大腿(だいたい)骨を骨折し安楽死処分となった。
【日刊スポーツより抜粋】


学生の頃を思い出します。
斜行しながらぶっ飛んできた日本ダービー。
強かったなぁ。
今見てもホント素晴らしい末脚だなと思う。
ツヨシは強し!だったなぁ。
まぁ夏以降はツヨシしっかりしなさいだったけど。
負けても憎めないヤツでした。

この若さでいなくなってしまうなんて
とても寂しいです。
今年も80頭ぐらい種付けしたそうです。
まだまだお父さんとしてのツヨシくんを見ていたかったですね。
子どもたちの活躍を見守ってあげてください。

その豪脚で天を駆けてください。
安らかに。
ありがとう!
[PR]
by detentertainment | 2008-07-30 13:00 | ターキーinfo.
<< 【ラブ教通信】合流♪ 新潟参戦!! >>